G Suite(ビジネス用gmail)と連携して力を発揮

最終更新日:2020.3.11

rakumo ケイヒ

(rakumo)

総合評価
(3.80)
ユーザー評価
(4.00)
メジャー度
(3.59)

グループウェア型

rakumoケイヒはグループウェアの「G Suite」(Google)に、経費精算の機能を追加するサービス。スケジューラーと連携して、経費/交通費精算の手間と時間を削減、生産性向上を実現する。交通ルート検索はNAVITIMEの運賃・乗換情報と連携し、定期券区間控除など必要な機能も揃っている。rakumoケイヒ単体の場合、社員は「経費精算書」を経理部に、「経費承認申請書」を上司に提出(上司は承認した申請書を経理に提出)するという流れになるが、姉妹サービスの「rakumoワークフロー」を使うと申請書のみを社員→上司→経理に流すだけで処理できる。また「rakumoカレンダー」を併用すると外出予定の登録と同時に交通費も自動計算できるようになる。この2つのオプションを付けないと利便性が十分に発揮されないだろう。また経費項目に紐づけて領収書の画像添付を利用する場合には「ローカルファイル添付オプション」が、加えて電子帳簿保存法に対応するには「電子帳簿保存法対応オプション」が必要になる。当サイトの利用者アンケートでは総合12位。

詳しく見る

料金・プラン

・rakumo ケイヒ
月額料金300円✕人数

・rakumoワークフロー
月額料金300円✕人数

・rakumoカレンダー
月額料金100円✕人数

・rakumo Suiteパック
月額料金780円✕人数[rakumo全サービスのセット]

+ローカルファイル添付
年間1万5000円(1ドメイン50GBで容量増可能)

+電子帳簿保存法対応
年間1200円+1ユーザーあたり月額100円

[参考] G Suite月額料金(1ユーザあたり)
Basic:680円、Business:1360円、Enterprise:3000円 

「ここがOK」「ここがダメ」ユーザーの声

ポジティブ

  • 不満や不足に感じる点はない。機能がありすぎても複雑になって使いきれないと思うので。
  • 外出先からでもスマホで対応できるのが便利で、効率アップに繋がっている。
  • もともとGsuiteを導入していたが、Gメール以外はあまり使っていなかった。このサービスを導入することによって十分に活用できるようになった。カレンダーとの連携が便利。
  • 過去に利用したサービスを類型化して、交通費/飲食費/動産購入費などを自動仕訳してくれる機能があれば理想的。

ネガティブ

  • すべての社員が使いこなすには難しい仕組みかもしれない。

会社概要

会社名
rakumo 株式会社
代表者名
御手洗 大祐
資本金
99,000千円
従業員規模
60名
所在地
〒102-0083
東京都千代田区麹町3-2 垣見麹町ビル6階
設立年月
2004年12月17日
URL
https://rakumo.com/product/gsuite/expense/