出退勤打刻で交通費も精算できる

最終更新日:2020.3.11

ネクストICカード

(ジオコード)

総合評価
(3.49)
ユーザー評価
(3.80)
メジャー度
(3.17)

勤怠管理型

出社/退社時にリーダー端末に交通系ICカードをタッチすると、出退勤の打刻ができると同時に電車/バスの利用記録を読み込んで、交通費の精算もできるというもの。勤怠管理/交通費精算のどちらか一方の利用も可。交通費はクラウド上で精算対象のデータを選択してワンクリックで申請、承認者もワンクリックで承認が完了する。また、機能は限られているものの、交通費以外の立替経費精算にも対応している。自動車を業務利用している場合は、給油領収書をそのまま経費精算するのではなく、移動距離を検索して、使った分だけのガソリン代を算出して精算することができる(有料オプション/単価は管理側で一括設定できる)。当サイトの利用者アンケートでは総合17位。

詳しく見る

料金・プラン

初期費用0円(端末費用別途)
基本月額利用料1万円
勤怠管理月額200円✕人数
交通費精算月額400円✕人数

※勤怠管理のみまたは交通費精算のみの利用も可
※経費精算機能は無料(期間限定)だが単体での利用はできない。
※拠点が2箇所以上の場合は別途見積もりが必要。

主な機能

  • 対応
  • 一部対応
  • オプション
  • なし
  • 不明
スマホアプリ
オペレータ入力代行
領収書OCR読込
×
仮払申請
交通ルート検索
×
承認フロー設定
定期区間控除
クレジットカード連携
×
ICカード連携
電子帳簿保存法対応
×
出張申請・精算
会計システム連携
自動仕訳
×
規定違反アラート

その他機能:燃費ベースでのガソリン代精算

「ここがOK」「ここがダメ」ユーザーの声

ポジティブ

  • 営業エリアがICカード利用で行ける範囲に限られている会社なら便利なのではないか。
  • モバイルSuicaに対応しているのとサポートが無料なのはよい。

ネガティブ

  • 経費精算において手入力が残るのが不便。せめて領収書をスキャンして添付できる機能があればホントに楽になると思う。
  • 旅費精算でいつも悩ましいのが、地域の情報が少ないために入力に時間がかかること。間違いも発生することがある。JRや飛行機、高速道路の旅費精算に関わる情報が不足していることが原因と思われる。
  • タクシーや飛行機を使うなど領収書ベースでの精算が必要になると、経路や料金をネット検索したりする必要ああるため、やたらと手間がかかる。
  • タクシー料金はICカードで支払うことができるのに、データで取り込まれない。

会社概要

会社名
株式会社ジオコード
代表者名
原口 大輔
資本金
7,250万円
従業員規模
122名
所在地
東京本社
【所在地】〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 10F

●関西支社
【所在地】〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 24F

●静岡営業所
【所在地】〒437-0027 静岡県袋井市高尾町12-3 JR袋井駅前店舗事務所 2F
設立年月
2005年2月
URL
https://next-iccard.jp/