【社労士監修】中小企業でも大企業でも対応が必要! 2019年度施行「働き方改革法」3大対策まとめ

2019年4月から随時施行されている「働き方改革関連法」。大企業も中小企業もその対応に迫られていますが、皆さん本当にきちんと理解し、対策できていますか?ただしく対応しようとすると、就業規則の変更や勤怠システムの導入なども求められ、違反すると罰則や罰金もある働き方改革法改正。そこで、「そもそも何のための働き方改革法改正なの?」という基本から、担当者が陥る誤解や盲点まで、「働き方改革法」対策を徹底解説します。